難しい…をこれで解決!動き回る子どもを上手に撮る方法

トランカ|写真のたのしさをもっと身近に。

活発的に動き回るお子さまの写真、なかなかうまく撮れずに苦戦していませんか?

今は外で思いっきり遊ぶことができませんが、新学期がはじまれば、運動会やスポーツ大会などのイベントで活発的なお子さまの姿をとらえるチャンスも増えてきます。お子さまの元気な姿を写真に収められるとより素敵な思い出になりますよね。

でもブレてしまってなかなか撮れない…というお悩みをよく聞きます。そこで、今回は動き回るお子さまを躍動的に撮る方法、ブレずに撮る方法をご紹介します。

[講師]トランカスタッフ

基本のカメラ設定を覚えておきましょう!

カメラ設定

遊んでいるお子さまの表情って、笑顔が溢れててとっても可愛らしいですよね。そんなお子さまの表情をとらえるときの一眼レフの設定は、次の通り。

基本の設定になるので、ぜひ覚えてくださいね。

①ISO感度設定

晴れた日や曇りの日の日中なら、400程度に。夕方や室内など少し暗いときは、800くらいまで上げるとよいでしょう。

②モード設定

シャッタースピードに合わせて露出を設定してくれる「Sモード(シャッタースピード優先モード)」を選択します。

③シャッタースピードの設定

1/500〜1/1000秒程度に設定します。それより低い数値では、シャッタースピードが遅くなりブレた写真に…。動きが速いときほど、分母の数を大きくしてください。1/500秒にした際に、f値(絞り値)がf22以上に設定される場合は、f8程度になるようシャッタースピードをさらに上げるのがおすすめです。

④ピントを合わせる

動き回る子どもにピントを合わせるのは至難の技。そんなピント合わせは、動くものにピントを自動で合わせてくれる「AIサーボ、AF-C/コンティニュアスAFサーボ」(メーカーによって名称は異なります)を使いましょう。

⑤シャッター

連写モードでベストショットを捉えましょう。しっかりピントの合った1枚をあとで厳選することができます。

◎撮影時の体制も要注意!

シャッタースピードである程度のブレは防げますが、撮る側が手ブレを起こしてしまっては本末転倒。しっかりと脇をしめてカメラを構えるようにして手ブレを防ぎましょう!

シーンに合わせてカメラを構える位置を変えてみましょう

トランポリンで遊ぶ子ども

トランポリンなどで遊ぶ子どもや走り抜ける子どもたちを撮影するなら、大人の目線=上からの目線だと、ジャンプしているところが上手く表現できなかったり、走り抜けるお子さまの表情をとらえることができません。

そんなときは、少し低い位置から撮影してみましょう。子どものお腹あたりまで目線を下げて撮れば、ジャンプ力も上手くとらえることが可能に。

さらに目線を低くし、下からあおるように近くから撮影すれば、より躍動的な写真になりますよ。

◎ほかにもこんな目線で!

お子さまの笑顔が溢れる瞬間、それはパパママと遊んでいる一瞬でもあります。一緒に遊んでいる瞬間をパパママ目線でとらえるのも自然で動きのある写真になりおすすめです。

運動会やスポーツ大会ではどんなことに注意する?

運動会

運動会やスポーツ大会など、客席から動けなかったり、お子さまとの距離が縮められないときは、ズームレンズを用意しましょう。メーカーや種類にもよりますが、18〜200mm程度のズームレンズがおすすめ。普段使いにも重宝しますので、1本は持っておくとよいかもしれませんね。

撮影時は会場をしっかり把握しておくのもポイント。お子さまの顔がこちらを向く位置を確保したり、動けないときはどのタイミングでこちらを向くかなど把握しておけば、より撮影しやすくなるでしょう。

また、運動中は通常遊んでいるときに比べてより動きが早くなっています。シャッタースピードは1/1000秒以上にして、連写をすることでベストショットを確保しましょう。

より簡単に撮影するなら、スポーツモードを使うのも一つの手。運動会などは特にスポーツモードで簡単に設定するのもおすすめです。

◎動く子どもにあわせてレンズも動かしてみて

徒競走などお子さまが走り抜ける競技の場合、お子さまの動きに合わせてレンズをスライドさせながら連写をしてみましょう。背景がブレているのにお子さまはブレていないスピード感のある写真が撮れますよ。

スマホでも大丈夫!スマホで動く子どもを撮るときは…

スマホ

基本、スマホのカメラは動き回る子どもの撮影に適していません。ですが、実はスマホでも動くお子さまは撮れるんです。

スマホで動き回るお子さまを撮るときは、次のことに注意しましょう。

①撮影環境

室内など暗い場所での撮影はどうしてもシャッタースピードが遅くなります。ブレやすくなるのを防ぐため、できるだけ明るい場所で撮影しましょう。

②光の向き

少しでも明るくするため、光のあたり方にも注意。お子さまの正面から太陽の光があたる順光を意識しましょう。自分の影でお子さまを覆ってしまわないように注意しましょう。

③シャッター

カメラと同様、連写モードで。スマホでは連写にすることで必然的にシャッタースピードが早くなります。ベストショットをおさえるだけでなく、ブレも緩和できますよ。

◎スマホだからこそアプリが活用できる!

いくら気を付けて撮影しても、スマホのベーシック設定では限界があります。そこで活用してほしいのが、「プロ」機能。
Android端末なら「プロフェッショナル」という一眼レフでいうマニュアルモードが搭載されている機種もありますので、そこから一眼レフのときと同じ設定を行います。
iPhoneやプロフェッショナルモードが無い機種の場合は、プロ設定ができるアプリもありますので、アプリ内のカメラでマニュアル撮影を活用しましょう。

笑顔の子供

いかがでしたか?

動き回るお子さまの表情をとらえるのは至難の技ですが、一度ご自分のカメラでも試し撮りなどしてみて慣れておくと、いざ撮りたいときに戸惑わず撮影できますよ。

ぜひ参考にして、これからも元気なお子さまの姿をより素敵な写真で残してくださいね。

[講師]トランカスタッフ

[講師]トランカスタッフ

写真を撮るたのしさ、おもしろさをもっと身近に感じてもらうための、写真・カメラに特化した情報マガジン。プロが教える初心者向けの簡単な撮り方・コツ・楽しみ方から、上級者でも目からウロコのとっておきの情報まで、あなたのフォトライフを豊かにする記事を配信します。

\メンバー登録して気に入った記事をお気に入り登録しよう!/

  1. お気に入りに追加お気に入りに追加

おすすめの記事