「いつもの風景」がこんなにおしゃれに!写真映え3つの撮影テクニック

トランカ|写真のたのしさをもっと身近に。

インスタやフェイスブックに写真をのせたいけど、どこにも出かけられなくてネタ不足・・・。そんな方に、今だからこそおすすめしたいのが、おしゃれな「いつもの風景」の撮影です。

見慣れた自分のお部屋や、歩き慣れた散歩コースが、少しの工夫でおしゃれな映え写真に!今回は、誰でも使える3つの撮影テクニックを、写真とともにお伝えします。

簡単、だけどちゃんとおしゃれに。きっと毎日の撮影が楽しくなるはず!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

[講師]トランカスタッフ

おしゃれ撮影テクニック1:視点を変える

おしゃれ撮影テクニック1:視点を変える

おしゃれ写真を撮るために、一番簡単で一番大切なこと。それは、「視点」を工夫することです。いつもの景色も、スマホ撮影でも、このひと工夫だけでおしゃれな写真に早変わりします。でも、「視点を工夫する」って、どのようなことでしょうか?

ダイナミックに!思いっきりしゃがんで撮ってみよう

「いつもの風景」がこんなにおしゃれに!写真映え3つの撮影テクニック

まずは、目線をぐっと落とした撮影から。いつもは上から見下ろしている景色も、横から捉えるだけでダイナミックな写真に変わります。軽くて操作しやすいスマホでの撮影がおすすめです。様々な高さや角度で試してみましょう。

インパクト大!ぎりぎりまで近づいて撮ってみよう

インパクト大!ぎりぎりまで近づいて撮ってみよう

被写体(写真に写すものを「被写体」と呼びます)にぎりぎりまで近づいた、ドアップの写真もおすすめ。インパクト大で、たくさんの写真が並ぶSNSの中でもしっかり印象に残ります。被写体を中央にした日の丸構図で撮ると、さらにインパクトの強い写真に。

また、スマホ用魚眼レンズやマクロレンズを使えば、さらに被写体に近づいて撮ることができます。気になる方は、ぜひ試してみてくださいね。

おしゃれ撮影テクニック2:光をコントロールする

おしゃれ撮影テクニック2:光をコントロールする

視点の工夫をマスターしたら、次に重要なテクニックは光のコントロールです。「被写体もおしゃれ、構図もバッチリなのになぜかおしゃれに見えない…」そんな時は、光の当て方を考えてみましょう。

写真は、光の当て方によって大きくイメージが変わります。いつもの景色も、窓の位置や太陽の位置を意識するだけで、グッとおしゃれ度がアップします。どのような光の当て方でどのような写真が仕上がるのか、ご紹介しますね。

まずは王道!斜め45度の光で撮る

まずは王道!斜め45度の光で撮る

被写体をしっかり際立たせたい時におすすめなのが、「斜め45度の光」です。被写体に向けて、斜めから光が入るように撮影します。光と影のバランスが最も良くとれるため、自然な立体感を出してくれますよ。

光の角度に迷う時は、まずこの「斜め45度」から挑戦してみましょう。また、光の強さによっても印象が変わります。部屋の中であればレースカーテンなどで簡単に調整ができるので、ぜひ試してみてください。

雰囲気バツグン!逆光で撮る

雰囲気バツグン!逆光で撮る

さまざまな光の当て方の中でも、特に空気感の演出をしやすいのが「逆光」です。
被写体の後ろ側に光が当たるように撮影します。光が回るため、幻想的な写真に仕上がります。美肌効果も期待できます。

逆光の撮影をする際は、光の強さに注意が必要です。強い光の場合、レンズに直接光が入り込み、フレアと呼ばれる光が写真に写ることがあります。全体がぼやっと白くなってしまう写真は、このフレアが原因。

あえてフレアを入れて雰囲気重視するのもよいですし、気になる場合はレンズの上に手をかざして直接光が入らないようにしてみてください。簡単に光を調整することができますよ。

おしゃれ撮影テクニック3:おしゃれ加工をマスターする

おしゃれ撮影テクニック3:おしゃれ加工をマスターする

おしゃれな「いつもの風景」の撮影が終わったら、早速SNSにアップしましょう。でも、その前に!最後のひとテクニックで、素敵な写真にさらに磨きがかけられます。どんなアプリでも対応可能な加工方法をご紹介。お蔵入りになっていた写真も、この方法で復活するかも!?ぜひ、試してみてくださいね!

まずはここから!明るさ・彩度・コントラストを調整する

まずはここから!明るさ・彩度・コントラストを調整する

写真を加工する際、ぜひ一度挑戦してもらいたいのが、「明るさ・彩度・コントラスト」の調整です。ほとんどの加工アプリで、この3つは自由に調整ができます。

この調整のポイントは、「仕上がりをイメージすること」。そして、写真の主役に焦点を合わせて、順番に調整していきます。

ふんわり優しいイメージにしたい時は、明るく・彩度少し低め・コントラスト低く。
エッジの効いた個性的な写真にしたい時は、暗めに・彩度高く・コントラスト高め。
など、自分の考えるイメージに沿って試してみましょう。

迷った時の常套手段!写真加工はアプリにお任せする

迷った時の常套手段!写真加工はアプリにお任せする

「明るさ・彩度・コントラスト」の調整だけではやっぱり難しい…。そんな時は、アプリにお任せしちゃいましょう。自分で仕上がりのイメージを持っていると、加工しやすいですよ。さまざまなプリセットを試してみて、自分のイメージに近いものを選んでみましょう。また、毎回同じプリセットを使うことでSNS全体に統一感が出て、おしゃれにしやすくなります。

見慣れた風景も少しの撮影テクニックでおしゃれに

見慣れた風景も少しの撮影テクニックでおしゃれに

今回は、いつもの風景をおしゃれ写真に変える、3つの撮影テクニックをお伝えしました。「おしゃれに撮ってみよう!」その気持ちだけで、見慣れた部屋、歩き慣れた道が少し変わって見えるはず。ぜひそのワクワクを、そのまま写真にしてみてくださいね!

[講師]トランカスタッフ

[講師]トランカスタッフ

写真を撮るたのしさ、おもしろさをもっと身近に感じてもらうための、写真・カメラに特化した情報マガジン。プロが教える初心者向けの簡単な撮り方・コツ・楽しみ方から、上級者でも目からウロコのとっておきの情報まで、あなたのフォトライフを豊かにする記事を配信します。

\メンバー登録して気に入った記事をお気に入り登録しよう!/

  1. お気に入りに追加お気に入りに追加

おすすめの記事