雨の日の撮影テクニックとは?雨らしさを引き立てるコツを紹介!

トランカ|写真のたのしさをもっと身近に。

実は「雨の日は絶好の写真日和」と知っていましたか。

雨のおかげで、街のあらゆるものが普段では見られない表情をしています。そこで、この記事では、雨の日の魅力を表現できる撮影テクニックや被写体を紹介します。

見つけた被写体の良さを引き出すためには、さまざまな撮影方法のコツを知っておくと便利ですよ。また、雨の日の撮影に欠かせないカメラやレンズの雨対策も紹介するので、まとめて覚えておきましょう。

[講師]トランカスタッフ

「雨らしさ」を表現する撮影テクニックや被写体5選

「雨らしさ」を表現する撮影テクニックや被写体5選

「雨らしさ」を表現するためには雨にふさわしい被写体を選ぶことが大切です。
ここでは、特徴のある被写体を5つを選んで、それぞれの被写体の特徴と、魅力を引き出すための撮影テクニックを解説します。

花や葉っぱのしずくを撮る

雨の日の花や葉っぱのしずくを撮る

雨の日の植物はどこか生き生きと輝いて見えますよね。花や葉っぱのしずくを中心に撮ると、本当に植物たちが輝いているかのような雨の日らしい写真に仕上がります。特にしずくそのものを拡大して写すことによって、光が当たったときのキラキラが一層強調されてきれいです。こんな被写体の拡大撮影にはマクロレンズを使ってみましょう。

マクロレンズでしずくを拡大してキラキラ感を出すためには、撮影の中心に据えるしずくに対して背景のしずくの光をぼかすのがおすすめです。そのためには、F値を小さくすることによって絞りを開き気味にして撮影します。しずくの中に映り込んだものを撮るときにはピントをしずくの中に、しずくのキラキラを撮るときにはしずくの外側にピントを合わせると良いでしょう。

傘を意識して撮る

雨の日は傘を意識して撮る

雨の日は、晴れの日よりも太陽の光が弱いので、幻想的でしっとりした写真になりがちです。そんな時に、雨の日のマストアイテムである傘を意識して撮ると、動きや面白みのある写真に仕上がります。

傘は、それ自体がカラフルなので集まると撮影の主役になります。高いビルなどの上から、交差点で行き交うたくさんの傘を見下ろして撮るとカラフルできれいです。
また、傘の存在を差し色として使えます。雨の風景の中に、パッと明るい傘がひとつ加わるだけで全体の雰囲気が変わります。

たとえば、雨の紅葉を背景に鮮やかなブルーの傘を差す人が居ると、紅葉が一層引き立ちます。傘を持って歩く人や強風の中で傘を支えている人などを入れると、動きとストーリー性がある写真が撮れます。特に雨が降っている時は、シャッタースピードを遅くすると降っている雨を撮れるのでより雨の日らしさを引き立てられます。

水たまりに映る景色と波紋を撮る

雨の日だからこそ水たまりに映る景色と波紋を撮る

水たまりは雨の日の象徴のひとつです。雨上がりの水たまりに映る景色を撮影すると、いつもとは違った魅力を引き立てられます。ただ水たまりに映り込んだ景色だけを撮っても、単調な写真になるので、雨上がりの晴天の青空や夕焼けの映り込みを撮りましょう。さらに、実際に歩いている人の足などの実像を対比的に撮ると、写真に立体感が増すだけではなく動きもあって面白い写真になりますよ。

また、水たまりに雨粒が落ちてできる波紋も動きを感じる被写体です。波紋の輪を捉えるためにはシャッタースピードを遅くするのがポイント。ピントを波紋のできている水面に合わせて、F値が一番小さい、絞り最大にすることできれいな波紋が撮れます。

広角レンズを使うと、水たまりに落ちる雨と波紋を同時に撮影することも可能です。地面近くにカメラを構え、1/1000秒くらいシャッタースピードを早めて撮影すると、落下する雨粒と波紋を組み合わせたダイナミックな写真に仕上がります。

夜にぬれた路面に反射した
ライトアップを撮る

雨の日だからこそ水たまりに映る景色と波紋を撮る

雨の日のライトアップは、雨らしさを表現できる絶好スポットです。路面が乾いた普段のライトアップよりも、ぬれた路面に光が反射して華やかさが増すので、路面越しに奥の景色を撮ると幻想的な写真が出来上がります。絞りを最大にして、奥にピントを合わせて撮ると、路面に反射した光がぼやけて水面のように写ります。通常であれば、光っている状況を再現するために長い露出時間が必要です。しかし、反射光がぼやけることで水面越しに見るような趣のある写真を撮れますよ。

雨粒のついた窓越しの写真を撮る

雨の日は雨粒のついた窓越しの写真を撮る

窓についた雨粒に焦点を合わせて、窓越しの風景をぼんやりと撮ると、遠い懐かしさを感じさせるような雨らしい写真に。F値が小さいほど通る光の量は多くなるので、同じピントでもF値が大きいと背景がぼやけます。そのため窓の雨粒にピントを合わせながら、景色をしっかりと撮影したい場合はF値を絞って小さくしましょう。また、写真のイメージを左右する色合い、つまりホワイトバランスを青くすると、雨の日の冷たい印象や朝の時間帯をイメージできるので調節してみてください。

雨の日だからこそあえて挑戦!
おすすめのカメラ設定

雨の日は雨粒のついた窓越しの写真を撮る

雨の日には普段にはない景色が見えます。
ここでは「雨らしさ」を引き立てる代表的なカメラ設定を3つ紹介します。

多重露光で撮ってみる

多重露光は1枚の写真に複数の画像を重ね合わせて合成する手法です。多重露光の特徴は出来上がる写真が幻想的なことです。内蔵されている機能に多重露光がないカメラの場合は、画像編集ソフトで合成もできます。最近は一眼レフカメラだけではなく、トイカメラやスマートフォンのカメラにも多重露光機能がついたものがあって便利ですよ。

雨の日に多重露光をすれば、夜の路面に反射したライトアップ風景をベースとして、ピントを外した雨粒の写真と重ねるような幻想的な写真に。多重露光では2枚目の被写体が、ベースとなる1枚目にある被写体の影やぼやけた背景など、映像のはっきりしない場所に重なるように撮影します。たとえば、1枚目は被写体の輪郭と影などがはっきりと分かるように撮影して、1枚目の背景などのぼんやりとした部分に2枚目のピントを外して撮影した被写体をのせるイメージで撮影するとうまくいくでしょう。

モノクロで撮ってみる

形の美しさが分かりやすいのはカラー写真よりも「モノクロ写真」です。モノクロ写真には色の要素がない分、写真の主役や質感が伝わりやすくなります。形に注目し易い、らせん階段や無機質な鉄骨素材は、雨の日のモノクロ写真の被写体にぴったりです。

モノクロ写真の撮影のポイントとして、光が少ない雨の日はシャッタースピードを遅くすると、どこかスタイリッシュで芸術性がある1枚に仕上がります。さらに、建物などの動かない背景に対して、スローシャッターで撮ることで、歩いている人や通り過ぎる車がブレるので、動きのある面白い写真になりますよ。

またモノクロ写真では、カラー写真よりもコントラストを上げることで影や黒い部分が強調されます。コントラストの調整によってメリハリのある写真が撮れるでしょう。特に、雲を被写体に含む時は、普通に撮影すると空が白く抜けるいわゆる白飛びが起こるので、あらかじめハイライトを落として撮影するのがおすすめです。

玉ボケで撮ってみる

玉ボケとは、葉っぱに反射した光や木漏れ日などの点光源がボケて見える現象です。雨の日は水滴を点光源とした玉ボケを撮るチャンスです。玉ボケを撮るときは、F値を小さくして絞りを開いた状態で撮ります。なるべく望遠レンズを使い、カメラを被写体に近づけて点光源からは遠ざけるとうまく玉ボケを撮れます。

雨の日の撮影に便利な
カメラ用レイングッズ

雨の日の撮影に便利なカメラ用レイングッズ

カメラレンズは湿気に弱いため、カメラがぬれてしまうと、湿気がレンズに回り込み、レンズにカビが生えることがあります。レンズ内部にカビが生えるとレンズ交換が必要になることもあるので、ここでは湿気を寄せ付けないカメラの雨対策を紹介します

レインカバー

カメラ本体を雨の水滴でぬらさないようにするのがレインカバーです。レインカバーはカメラより大きすぎても小さすぎても水が浸入する原因になるので、器材に合ったサイズを選ぶことが大切です。ただ、レインカバーは不必要に長時間装着していると内部の湿度が高くなってしまいます。撮影後はすぐ取り出してカメラに湿気が回らないようにしましょう。

レインカバーには主にビニール製、布やナイロン製があります。ビニール製は500〜1000円程度でコンパクトに持ち運び可能。強度はあまり高くないものの、突然の雨に備えて持っておくと安心です。布やナイロン製は3000円程度とやや高価ですが、丈夫で長持ちする特徴があります。中には操作性も損なわれず、ぬれる心配が全くないものもあります。レインカバーは製品によって特徴が異なるため、予算感や使い勝手などに合わせて選ぶのがおすすめです。

レンズフード

レンズフードは、フレアなどの光を防いだり、レンズの先端を守るために装着するアクセサリーです。レンズは前に飛び出している分、ものにぶつかる可能性が高くなります。ぶつかったときに衝撃を吸収してダメージを最小限にするのがレンズフードの役割のひとつです。雨のときには、パーカーのフードのように水滴がレンズに付くことを防いでくれるので便利です。

乾いたタオル

雨の日には乾いたタオルは多めに必要です。カメラを操作する手や荷物がぬれているとカメラもぬれてしまいます。カメラに付いた水滴をすぐに拭き取るためにも、乾いたタオルは必須アイテムとして準備しておきましょう。

雨の日におすすめの
撮影スポット

雨の日におすすめの撮影スポット

雨の日におすすめの撮影スポットは、「公園」と「寺社仏閣」です。雨の日の公園には水たまりばかりでなく、花壇に咲いている花や植え込みの葉っぱに付いた雨粒などの被写体がたくさんあります。また寺社仏閣には、石段や瓦などのモノトーンの被写体が数多くあるので、雨の日の撮影にピッタリのスポットです。雨の日には石段などがぬれて、光を感じる部分と暗い部分のコントラストがはっきりとした深みのある写真が撮れますよ。

雨の日には魅力的な
被写体がいっぱい

雨の日には魅力的な被写体がいっぱい

雨の日には、葉っぱに付いた水滴、動きを表現できる雨粒や水たまりの波紋、ぬれた路面に反射するライトなど、普段は見ることのできない魅力的な被写体が現れます。これらの被写体をテクニックを使って撮影するのは、写真撮影の醍醐味(だいごみ)のひとつです。
この記事を参考に、雨の日にカメラを持って近くの「雨の日スポット」に出かけてみてはいかがでしょうか。

[講師]トランカスタッフ

[講師]トランカスタッフ

写真を撮るたのしさ、おもしろさをもっと身近に感じてもらうための、写真・カメラに特化した情報マガジン。
プロが教える初心者向けの簡単な撮り方・コツ・楽しみ方から、上級者でも目からウロコのとっておきの情報まで、あなたのフォトライフを豊かにする記事を配信します。

\メンバー登録して気に入った記事をお気に入り登録しよう!/

  1. お気に入りに追加お気に入りに追加

おすすめの記事