お気に入りに追加

2017/08/02

フォトブックってなんだろう?【フォトブック入門1】

写真には「撮る」だけでなく、「見返す」楽しみもあります。
さらには、「編集する」楽しみもあります。撮った写真を自分好みに編集して
世界に一つだけのオリジナルの写真集が作れるフォトブック。
その魅力についてお伝えします。

トランカスタッフ

①撮った写真はどう残したらいいの?

みなさんは撮った写真をどうしていますか?デジタルカメラや一眼レフ、ミラーレスやフィルムカメラでの写真撮影はもちろん、
今では身近なスマホのカメラもスペックが上がり、誰もが気軽に本格的な写真が撮れるようになってきています。

写真は撮影するもののデータだけで残している…なんて方も多いのではないでしょうか。写真は大切な思い出として残して置きたいもの。
形のないデータだと、間違えて消してしまったり、どこに保存したのかあやふやになったり、パソコンが壊れて消滅してしまったり、ふとしたことで思い出が消えてしまうこともあります。
だから、できれば、プリントしてアルバムなどにして残しておきたいですよね。
思い出をより特別な形で残しておくのであればフォトブックがオススメ。
大切な瞬間を、世界に一つだけの一冊の写真本にして、いつまでもあなたの手元に置いておきましょう。

②撮った写真の楽しみ方

撮った写真を写真本にしたいけれど、どのようにしたらいいのでしょうか。
「なんだか難しそう…」と思う方も少なくないはず。
今は、写真店に行かなくとも、誰でもカンタンにウェブ上でフォトブックを作ることができるサービスはたくさんあります。
本の仕上がりに徹底的こだわった本格的なフォトブックから、かわいいデザインで写真をアップロードするだけのお手軽なものまでその種類は豊富。自分だけの写真集を作って写真の新たな楽しみ方を発見しましょう。

③撮った写真を使って大切な人のプレゼントにもピッタリ!

フォトブックは自分用に作り、大切なコレクションにすることももちろんフォトブックづくりの楽しみの一つ。しかし、楽しみはそれだけではありません。自分の撮った写真で作ったフォトブックは素敵なプレゼントにもなります。

【こんなシーンでフォトブックをプレゼント】
・友人との旅行や友人の結婚式などで撮った写真をフォトブックにしてプレゼント
・結婚式での両親への手紙の代わりに、これまでの生い立ちを振り返れるフォトブックを渡す
・普段の子どものスナップを1冊にまとめ、離れて暮らす両親に贈る

あなただけにしか作れない、世界に一つだけの1冊をプレゼントしてみましょう。

まとめ

◎大切な写真はデータのままで置いておかず、フォトブックに残そう
◎フォトブックを作れば、大切な写真が一生モノの宝物に!
◎撮った写真はフォトブックにして楽しもう!
◎プレゼントに世界に一つだけの1冊を贈ろう。


もむら

[講師]トランカスタッフ

写真を撮るたのしさ、おもしろさをもっと身近に感じてもらうための、写真・カメラに特化した情報マガジン。プロが教える初心者向けの簡単な撮り方・コツ・楽しみ方から、上級者でも目からウロコのとっておきの情報まで、あなたのフォトライフを豊かにする記事を配信します。

お気に入りに追加


おすすめの記事