お気に入りに追加

2016/07/06

三脚がなくても大丈夫!川や滝の写真をプロっぽく撮れる裏ワザ!

旅行やお出かけ先で絶景に出会い、写真を撮ろう!と思っても、
ここぞという時に、上手く撮れない!三脚持ってきてない!そもそも、三脚なんて持ってない!
…なんてこと、ありませんか?私はあります!!だって三脚って、重い!
そんな時にとっても役立つこの裏ワザ、覚えておきましょう♪
川や滝の水の流れを、かっこよく撮ることができますよ!

[講師]トランカスタッフ

まずは落ち着いて準備しよう

きれいな写真を撮るには準備と心得が必要です。
まずは落ち着いて、撮影スポットやカメラの設定のチェックをしましょう。
大丈夫。滝や川は逃げませんよ。

水の流れをきれいに撮る心得
  • ブレは天敵!ブレないように徹底的に対策しましょう!
  • うっかりしがち!明るくなり過ぎないように設定をしっかりしましょう◎
  • 意外や意外?水の流れの撮影には曇りや夕方は逆にチャンスです^^!

では、具体的にどうするのか?
順を追ってご説明しましょう!

ぶれないようにする!

絶景を前にして興奮する気持ちも分かりますが、
せっかくの美しい景色、手ブレしてしまっては台無しです。
ブレを防ぐための対策をしっかりとしましょう!

ぶれない対策その1 手ブレを防ぐ!

カメラを固定する場所を探そう
  • 手すりやベンチなどにカメラを置いて固定![ブレなさ ★★★]
  • ちょうどいい場所に置き場がないなら…自分の鞄の上に置く[ブレなさ ★★]
  • 半分は気合で!カメラを木や柱と自分の体で挟む[ブレなさ ★]
  • もういっそ地面に置く[ブレなさ ★★★ ※ただし汚れます]

三脚なしで滝や川をきれいに撮る方法

三脚なしで滝や川をきれいに撮る方法

ぶれない対策その2 シャッターブレを防ぐ!

カメラを固定して準備は万端!?…いいえ、まだですよ!
最後にシャッターを押した時の振動でブレてしまうことがあります。
しっかりとシャッターブレも防ぎましょう!

シャッターブレを防ぐ方法
  • セルフタイマーモードにする!シャッターを押さずに済むのでブレを防げます。
  • タイマー時間をできるだけ短く設定しましょう。待ち時間を少しでも短く!

明るくなり過ぎないようにする!

絹糸のような美しい水の流れを撮るためにはシャッタースピードを遅くするので、
光を取り込みすぎて明るくなり過ぎることがあります。
それを防ぐためにも、しっかりと設定してから撮影に臨みましょう!

カメラをしっかり設定しよう

手持ちのカメラを暗い設定にする方法
  • 絞り(F値)を絞る。Fの値を大きくすると絞られます!
  • 露出はできるだけマイナスに。暗すぎるくらいでOKですよ◎
  • シャッタースピードは遅くしましょう。遅くした分、水の流れが線のように写ります。

三脚なしで滝や川をきれいに撮る方法
曇り(雨気味)、ISO100、F22、1/8秒で撮影

オマケ 本気で撮るならこれを持って行きましょう

  • 三脚(やっぱりあると便利です)
  • NDフィルター(暗くするのに便利)
  • カメラレリーズ or リモコン


いかがでしたか?
川や滝の流れだけでなく色々な場所で応用ができるので、
頭の片隅に覚えておくと便利だと思います♪

[講師]トランカスタッフ

写真を撮るたのしさ、おもしろさをもっと身近に感じてもらうための、写真・カメラに特化した情報マガジン。プロが教える初心者向けの簡単な撮り方・コツ・楽しみ方から、上級者でも目からウロコのとっておきの情報まで、あなたのフォトライフを豊かにする記事を配信します。

お気に入りに追加


おすすめの記事