2020/01/14

【お役立ち】見返すときの楽しみが増える!文字入れのアイディア集☆

こんにちは、フォト子です。

フォトブックにコメントや文字を入れられるのは知っているけど

「写真に合ったコメントがなかなか浮かばない」
「そもそも文章考えるの苦手で…」

という方も多いですよね。

でも、見返すときに思い出が蘇る文字がつづられていると、たった一言でもそのときの記憶が蘇ったり、つくり手のぬくもりをより強く感じることができたりします。

そこで、今回は「文字の入れ方」をテーマに、実際のPhotobackメンバーの作品を参考にしながら「文字入れのアイディア」をご紹介します☆

お子さまの成長記録は箇条書きにして絵日記風に
こちらの作品は、お子さまの6年間に渡る成長記録を一冊にまとめた大作!
細かく詳細を書くのは大変ですが、このように、月ごと、季節ごとなどに区切って、しゃべりはじめた言葉、できるようになったこと、好きな食べ物などを箇条書きであげていけば、あとで見返したときに、一気に思い出が蘇ります。
この作品を見る

セリフ風のコメントでペットの気持ちになりきって
こちらの作品は、愛猫のなっちゃんとふくチの日常をまとめた一冊。
写真の状況に合わせて、まるで猫ちゃんがセリフを言っているかのように一言コメントが添えられています。話し言葉やセリフを入れるときは、相手の気持ちになりきって書くのがポイント。思わずクスッとしてしまう一言は、きっと見返したときにも同じことを感じるはず。
この作品を見る

贈り物にするなら。メッセージ入りで想いを託して
こちらの作品は、写真という趣味を通して仲良くなった友人の誕生日にプレゼントされた作品。
年齢の数だけ「すきなところ」を書き記した文字入れのアイディアは秀逸✨
でも、最後まで読むと…?
後半は、メンバー一人ひとりからの愛にあふれたメッセージも。フォトブックを贈りものにするとき、ぜひ参考にしたい一冊です。
この作品を見る

いかがでしたか?

文字の入れ方は、少し意識するだけでぐっと変わってきます。「何を入れたらよいかわからないから」と諦めず、普段ご家族や友達とのやり取りやSNSで投稿しているような感覚で、気軽に文字を入れてみてください。今回ご紹介したアイディアを参考に、文字入れのハードルが少しでも低くなったらうれしいです!

最後までお読みいただきましてありがとうございます。
あなただけの言葉でつづったフォトブックをつくって、あとから見返したときの楽しみを、ぜひ味わっていただけたら幸いです。^^

カテゴリ : インフォメーション フォトブック作成裏ワザ
タグ :