2019/10/15

【お役立ち】ワンランクアップ!余白を活かす3つのコツ☆

 

こんにちは、フォト子です。フォトブックをつくるときのお悩みといえば「写真選び」「レイアウト」「文字の入れ方」などなど。

中でも「レイアウト」は、こだわればこだわるほど正解がわからなくなって、編集が進まなくなってしまう…
そんな方も多いのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決すべく、今回は「余白」をテーマに、レイアウトの裏ワザをこっそりご紹介します☆

余白を活かしたレイアウト その①
右サイドを空けて、見開きに大きく一枚の写真をつかうとぐっとおしゃれに✨

ひとつのページにたくさんの写真を詰め込みたい気持ち、わかります!ですが、写真や文字で埋め尽くされたレイアウトはフォーカスが定まらず、どこから見ればいいのかと見る側が迷ってしまって印象に残りづらくなります。

目に飛び込んでくる写真を見開きで大きく配置するとスッキリ!
余白を活かしたレイアウト その②
写真よりも余白を多めに。全体に余白をつくって上質さをプラス。
例えば、余白がほとんどないディスカウントショップのチラシを思い浮かべてみてください。お得感は感じられるけど、高級で上質な雰囲気はあまり感じられないですよね。そう、高級感や上質感を出したいときは、極力余分な情報をカットするのがポイントです。
右ページは文字のみのテンプレートを使用。余計なものを極力なくすことで、上品で美しく、ゆったりとした表情を持たせることができます。
このテンプレートを使った
作品をみる
余白を活かしたレイアウト その③
不規則な部分を意図的に作り出し、遊び心を

こちらは、写真が5枚と枚数は多め。不規則に並べられているように見えます。しかし、バラバラな感じはしませんよね。一見難しそうですが、実は写真の高さを変えたテンプレートを使うだけ。このようなレイアウトを使うと、何気ない日常の写真もおしゃれに見えてきます。

遊び心のあるレイアウトは、見る人の視線を惹きつけてわくわく感を演出できます。
このテンプレートを使った
作品をみる
いかがでしたか?
専門的な知識はなくても、少しだけ目線を変えてみることで
いつもの写真がぐっとおしゃれにみえてくるはず。
あまり難しく考えず、お気に入りテンプレートを見つけてみてくださいね!最後までお読みいただきましてありがとうございます。
ぜひ、これからもフォトブックで素敵な思い出を残してください。^^

カテゴリ : フォトブック作成裏ワザ
タグ :