2020/03/09

写真を思い通りにレイアウトしたい!写真のトリミング&位置調整のコツ☆

こんにちは、フォト子です。
みなさまはフォトブックに使う写真をアップロードしたあと、写真のレイアウトで困ったことはありませんか?どのページにどの写真をどんなサイズで入れるかを決めるのは、なかなか悩みどころですよね。

 

Photobackは、文字とレイアウトの絶妙なバランスを考え、おしゃれにレイアウトできるようにテンプレートが設計されているので、自動配置のままでも素敵に仕上がりますが、何冊かつくっていくうちにこだわりが出てくるというもの。

 

今回は、みなさまにつくる過程も楽しんでもらいたいという想いから、フォトブックをさらに楽しむための「写真のトリミング&位置調整」のコツをご紹介します☆

◎写真をトリミングして被写体を際立たせましょう

トリミングとは、写真の一部だけを切り出す加工のこと。同じ写真でも、切り取る位置で印象が異なってきます。
Photobackの編集画面では、写真を拡大・トリミングすることが可能です!

下の猫写真、このままでもかわいい写真ですが、右手前の段ボールが少し気になりますよね…。そこで、トリミング機能が役立ちます☆ 

写真を配置してから、対象の写真をクリックすると「エリアフィット」というオレンジ色のバーがでてきます。

トリミングして気になる部分をカットしてみましょう。緑のボタンをスライドさせて、好みのサイズに拡大してください。

すると・・・

【Before】

【After】

いかがでしょうか?被写体(猫)をアップにすることで、余計なものが写り込まず、よりインパクトのあるページに仕上がりましたね!

◎枠からはみ出た画像は写真を位置調整しましょう

続いては、こんなお悩み。写真を配置したら、下の写真のように猫の耳が切れて枠からはみ出てしまいました。テンプレートは変えず猫の耳を枠内に入れたいという場合は、画像位置を変更する必要があります。

先ほどのトリミングのときと同じように、位置を修正したい画像をクリックします。マウスのポインタが手のひらマークに変わるので、左クリックして画像をつかみながらスライドさせると画像が動きます。今回は、猫の耳を枠に入れたいので、画像を下に移動させます。

すると・・・

【Before】

【After】

猫の耳がしっかり枠内に納まりましたね!写真が思い通りの位置に配置されていないときは、ぜひこの位置調整を試してみてください。

 

いかがでしたか?今回は「写真のトリミング&位置調整」についてご紹介しました。

一度、トリミングの方法や画像のレイアウトのコツがわかるとつくる過程も楽しめるようになるはず☆撮った写真を最大限に活かせるお気に入りのレイアウトを、ぜひ見つけてみてくださいね。^^

カテゴリ : フォトブック作成裏ワザ
タグ :