• 「陰翳礼讃」完璧なものより少しいびつだったりする方が心が残る。和ろうそくの灯りと影、茶室に入り込む障子越しのぼんやりした光。日本人は昔からこの影の文化を生活に取り入れて心のよりどころにして安らぎや幸せををみつけていたのでしょう。

    2021/01/12 10:12:45

  • 谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」や世阿弥の「秘すれば華」は通じるものがありますね。山岳一歩です。すばらしい写真集ですね。
    みんなの作品の隣に私の昨年後半のアルバムが載っています。あまり多すぎて恥ずかしいです。

    2021/01/17 20:42:31

  • @山岳一歩様
    ご覧いただき有難うございます。なにせ初めてのフォトブックなのでとりあえず自分の好きな写真をランダムに載せてみました。お恥ずかしい限りです。それに引き替え山岳一歩さんの作品の完成度の素晴らしさに見入ってしまいました。足下から天空までそして自然と寄り添う動植物たちに対する優しい眼差しや世界観が伝わってきます。-30度のカヌー体験は命がけですね。またお写真楽しませて頂きます。わびすけ

    2021/01/18 11:50:56