永くきれいに楽しんでいただくために

Photobackは上質な紙を使用しておつくりしておりますが、残念ながら、年数の経過により劣化していくことは避けられません。
しかし、以下のポイントを押さえていただければ、劣化を最小限にとどめることができます。

日の当たる場所は避けましょう

太陽光線や蛍光灯に含まれている紫外線により、紙が日に焼けてボロボロになってしまいインクの劣化を早めます。
作品は日陰に置くようにしましょう。
大切な作品を保護してくれるブックカバーをご利用いただくのもオススメです。
ブックカバー

重ね置き、ギチギチ詰めはやめましょう

作品を重ねて積み上げたり、作品が抜けないほどギチギチに詰めてしまうと、圧力がかかりページがくっついたり変形したりしてしまう場合がございます。
本棚の中では、少しゆとりを持たせたスペースに入れるようにしましょう。

ときどき広げてあげましょう

フォトブックは湿気が大敵です。
時々パラパラとめくる程度で構いませんので、ページをめくって空気に触れさせてあげましょう。
同時にホコリを落としてあげるとさらに効果的です。

くるみ製本アイテムは、根もとまで強く開かないようにしましょう

ALBUM、BUNKO、LIFE、GRAPHで採用しているくるみ製本は、用紙を製本用の糊で固める「無線綴じ」という綴じ方法で製本しております。
製本の特性上、本を根もとまで強く開いてしまいますと、強度が弱くなりページが抜け落ちる場合がありますのでご注意ください。
写真のようにやさしく持ってお楽しみください。

くるみ製本のお取り扱い

問題は解決しましたか?

解決しない場合はお手数ですがこちらからお問合せください。


コンテンツワークス株式会社 カスタマーサポート
電話:(0120) 298-956(平日10:00 〜 17:00)
メール:お問い合わせフォーム