「遠いキオク鮮明なカンジョウ」

  1. 未設定

ある瞬間の輝きが薄れてきても、その時の大切な感情をいつでも思い出せるように、撮り続けている写真です。

この作品は拡大できません。

  1. この作品にコメントするこの作品にコメントする
  2. 他のALBUM作品をみる
  3. フォトブックをつくる
  4. ▶まだアカウントを持っていない方はこちら