「思い出のかけら」

  1. 未設定

「私を思って、私に対して向けられたごほうびみたいな他人からの感情。それは誰にもわけてあげられない、私だけのキャンディなのだ。」写真に添えた文より

  1. この作品にコメントするこの作品にコメントする
  1. フォトブックをつくる
  1. ▶まだアカウントを持っていない方はこちら